« たまにね | トップページ

心のうごき

いつもさがしていた きみを

もうさがすことがなくなってしまった

それは

しらぬまに風船のように 

手からはなれて どこかへいってしまって

わたしのとなりでは にゃあと ねこが鳴いていた

|

« たまにね | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たまにね | トップページ