« 2007年8月 | トップページ

心のうごき

いつもさがしていた きみを

もうさがすことがなくなってしまった

それは

しらぬまに風船のように 

手からはなれて どこかへいってしまって

わたしのとなりでは にゃあと ねこが鳴いていた

| | コメント (0)

« 2007年8月 | トップページ